2014年07月18日

高血圧治療薬(利尿薬)

●高血圧治療薬(利尿薬)

利尿薬

利尿薬(りにょうやく、英: diuretic)は、尿量を増加させる作用を持つ薬物の総称である。

尿は水分や電解質を体外へ排出する最も効果的な手段である。

尿は腎臓でつくられるが、腎臓は体内の状況に応じて尿の量や濃度を調節し、全身の体液を一定に保つよう制御している。

利尿薬は、この調節機構が適切にはたらかない病態などにおいて、水分を体外に排出するために用いられる。



●浸透圧利尿薬

浸透圧利尿薬は糸球体で濾過されると再吸収されないため、尿細管内の浸透圧が上昇し、水の再吸収が抑制される。脳圧亢進時などに用いられる。

D-マンニトール

濃グリセリン(グリセオール)


●ループ利尿薬

ヘンレのループにおいてNaとClの再吸収を阻害する。腎機能に悪影響を与えないため、利尿薬の第一選択として使用される。

また心不全、高血圧治療薬としても使用される。

フロセミド(ラシックス,オイテンシン, 後発品あり)

トラセミド (ルプラック)

アゾセミド(ダイアート、長時間作用型)

ピレタニド(アレリックス、作用時間はフロセミドに近い)




●サイアザイド系利尿薬

遠位尿細管においてNaとClの再吸収を阻害する。降圧剤としても使用される。

大規模臨床試験では他剤と遜色ない結果を得ており、現在も高血圧治療薬の代表的なもの。

ヒドロクロロサイアザイド(HCTZ,ダイクロトライド)

トリクロルメチアジド(フルイトラン)

インダパミド(ナトリックス)

クロルタリドン(ハイグロトン)



●K保持性利尿薬

抗アルドステロン薬とも。

遠位尿細管においてアルドステロン(抗利尿ホルモン)に拮抗し、Naの再吸収を阻害する一方、Kの尿中排泄を抑制する。

ループ利尿薬等と合わせて、肝硬変、うっ血性心不全などに対して使用される。

またセララは高血圧に対してしか日本では適応症はない。

トリアムテレン(トリテレン)

スピロノラクトン(アルダクトンA)

カンレノ酸カリウム(ソルダクトン注)

エプレレノン(セララ錠)



●その他の利尿薬

アセタゾラミド(ダイアモックス)は、緑内障やメニエール病に対して使用される。

塩酸ドパミン(イノバン)は、腎血流量を増やして間接的に利尿作用を示す。

アミノフィリン(ネオフィリン)や強心薬も利尿作用を示す。

カルペリチド(ハンプ)は心房性Na利尿ペプチド(ANP)と呼ばれ、重症心不全時の利尿薬として使用される。

トルバプタンは、世界初のバソプレシンV2-受容体拮抗剤。大塚製薬より「サムスカ錠 15mg」として2010年12月14日上市された。



●副作用

低カリウム血症・低ナトリウム血症

高尿酸血症

アロプリノール(ザイロリック)を服用するのではなく、利尿薬減量のうえ、ロサルタンやシルニジピン併用とするとよい。

ボクシング等の階級制の競技において、体重調整の最後の手段として利尿剤が使用されることがあるが、ドーピング検査においても利尿剤は禁止薬物として指定されていることが多い。

副作用も大きく、治療以外の目的で利尿剤を使用することは危険も伴うため、絶対にさけるべきである。



以上


ラベル:利尿薬
posted by ホーライ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 高血圧の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。